会いたい治療日記

心拍確認後流産2回からの不妊治療記録。ポンコツな日々のつぶやきも。

下克上

 

特に野球ファンというわけではなかった。
しかし今年は、気づけばベイスターズの試合を観るようになっていた。

去年亡くなった父は巨人ファンだった。

ビールと、枝豆。白いランニングとステテコと、強い強い巨人戦を観る父と夏。
ゴリゴリの、古き佳き日本の原風景。
それが小さい頃からの、我が家の夏の風物詩だった。

 

時は経ち、ハマっ子と結婚した。
当然旦那はベイスターズファン、しかもアンチ巨人だ。
私の夏の原風景が、ふとどこかに消えてしまった。

 

しかし私は今、ベイスターズを応援している。

横浜に住んでいるからという理由ではない気がする。
地元でもいけ好かないチームは応援しないだろうと思う。

 

ハマの大魔神以降は、最下位争いという記憶しかなかったけど、今の彼らには
最高に応援したくなる何かがある。

下克上という言葉がこんなにも似合う。
流産し、会社や友人知人に誰一人として子無しや不妊症がいないこの環境で、
彼らに、勝手に、前に進む力をもらっているのかもしれない。
(本当に、私以外結婚1年以内には授かっている。なぜか周りで私だけ(笑))

 

そしてやっぱり、日本の四番・筒香君はかっこいい。
バッターボックスに立った時の、

筒香君の下半身が好き。

・ ・ ・ この書き方はまずい。

筒香君の安定感ある下半身が好き。

・ ・ ・ 大して変わってない・ ・ ・ 

筒香君の素朴な顔が好き。

 

今日は妹が泊まりに来る。
妹よ。姉は父の好きだった巨人ではなく、ベイスターズを応援しておるよ。

 

ツイッタやってないけど、私もちょっとやっとくか。

 
横浜優勝\(^o^)/

 ついでに、阪神園芸最高\(^o^)

 

 

f:id:riyu1977:20171017231522j:plain
f:id:riyu1977:20171017231528j:plain

 

コスパのクセがすごい!あばぐら

愛読するグルメブログがありまして。
いつもその垂涎のブログ記事を眺めながら、我の作った貧相な食事を食べるという意地汚い食生活を送っております。

そんなブログ記事で、ここはぜひとも訪れたいと思っていた店に行ってまいりました。

 

神田/あばぐら 

    

     f:id:riyu1977:20171015183729j:plain

 

メニュー。
こちらはすべてのお客が一つしかないコース料理をいただく、というスタイル。
隣のテーブルを見て、あーあれ頼みたい!と幅が広がるでもなければ、あーあれにすればよかった!と後悔することもない、明快なシステムでございます。

その中で好きだった料理を。
※こちらのコース、おいくら万円か想像しながらご覧ください。。。


 

f:id:riyu1977:20171014221821j:plain
f:id:riyu1977:20171014215554j:plain
里芋のすりながし/黒毛和牛うに巻き

里芋のうまみ濃縮、一発目で胃の動きが活発になりました。

黒毛和牛うに巻きは、幸せすぎて飲み込みたくなかった逸品。



f:id:riyu1977:20171014215608j:plain
f:id:riyu1977:20171014215638j:plain
トリュフパン/からすみ蓮根

トリュフバターの塗られたトーストが運ばれてくると、おもむろに上からトリュフを削り掛ける、三代目で歌ってそうなイケメン兄さん。
いつも私の選んだ店にあまり満足しない(バカ舌)旦那が、感動したを連発した料理。
速攻、楽天でトリュフバターを検索する夫婦。

からすみがこれでもかと掛かった蓮根。
ぜひからすみを全部召し上がってください、とおっしゃるスプーン付属とその一言の配慮もうれしいもんです。いやし夫婦なので最初からそのつもりでしたが・・・


 

f:id:riyu1977:20171014215622j:plain
f:id:riyu1977:20171014215657j:plain
日本酒・日高見/黒毛和牛A5ステーキ

和の料理が続いたので、日本酒を。鬼ラベルの日高見、とろみが強く甘みのある、またどこかで出会いたい鬼たちでした。

ステーキのちょっと手前で、フルボディの赤ワインにチェンジ。
私定番の注文方法は、「この店で一番重い赤ワインください。」 ← 腹立つわー
それくらい、樽の味がするヘビメタなやつが好きなんです。ライトボディを飲むと、
「・・・若い。」と一蹴。恥ずかしい人間ですね。酔ってるからかな。


f:id:riyu1977:20171014215713j:plain
f:id:riyu1977:20171014215729j:plain
豚玉/栗と抹茶の最中

メニューの料理、ほとんどが一口サイズですが、ちょこちょこいただきつつお酒も飲んでいると結構お腹が膨れてきます。が、まだまだいけるんです。おいしいので。
そこへきて締めの豚玉!ハーフサイズなのでこちらもペロリ。
隣の、折れそうな細さの若い女子二人組は、追加で焼きそば頼んでました。かなり惹かれたけど、豚夫妻は己の身体を顧みてググッと我慢。

デザート、これだけでいいお金取れそうなほど完成された物でした。
パリッパリの最中に上品な甘さの餡。みやげにこれとさっきのトリュフバターを包んでほしいですよ。


・・・さて。
どうでしょう。ハウマッチ?!



(妊検の結果風)


 これだけの品数、高級食材とこだわりの味で、

一人5400円

コスパすごい。

最後に、三代目で歌ってそうなシェフの兄さんに
「来月も来ます!!」
と完全に酔った勢いでのノリ発言を放って店を出ました。酒の力ってすごい。

杉WC/やりたいことをやろう

先日、杉WCに夫婦染色体検査の採血に行ってきました。

もっとすごいカウンセリングがあるのかと思いきや、看護師さんにチョロチョローっと血を抜かれて終了。

 

結果は1ヶ月後です。

なんかもう、後戻りはできない感じだよねー!怖いよねー!あーーー怖いよ怖いよ怖いよ怖いよーーーーー!!

 

それにしても、あの表参道の先生がよもや

 

「反復流産になってます!(ビシッ!)

 夫婦染色体検査や不育症の専門医に相談した方がいい!(ガツン!)」

 

と自ら仰るとか・ ・ ・ 。

加藤系列とか、出身の先生方は不育症など認めない!ってスタンスと聞いていたので(今は違うのかな)、細い目かっぴらいて驚いたね!

実は不育症の検査は、一回目の流産の時にこっそり受けていて、バイアスピリンでも飲んどく?程度だったのですが、そのこといえずに今日に至る。

というか飲んでも流産したし・ ・ ・ 。

 

 

さて、これで流産後やるべきことは一旦終了。

次に生理が来ても、どうせhcgが下がりきってないから何もできません、薬も出せません、ブセレキュアもできません、はいまた次周期!はいさようなら!!

・ ・ ・ なので、10月11月は、治療ができない間にしかおちおちできない事をやろうと思っております。

今日が第一弾!都会でうまいもん食べて飲んだくれてきました★

良かったので後日紹介できたらします!!(未定)

 
     
     
f:id:riyu1977:20171015111658j:image

 

ずっと欲しかったMADISON BLUEのシャツをお安く譲っていただけたので、この寒い中着てみた。

上着は、買ったばかりのユニクロツイードコーディガン。この時期ちょうどいい!買って良かった!

 

幸せの基準

 

星乃珈琲にきております。

  
  
    
     f:id:riyu1977:20171008193910j:image
 

 

その前に、とんかつ屋で牛かつを食らってました。

客層は8割が子連れ。

正直、心臓えぐられました。弱。

 

ほんの2週間ほど前は、その隣の回る寿司屋で、妊婦が食べられる寿司を調べつつ注文ボタンを押していました。

“食べられないさみしさ”が、とてつもなく幸せに感じた、お昼の100円寿司。

 


    f:id:riyu1977:20171008190732j:image

 

フルーツティーが少し、しょっぺぇなぁ。

 

掻爬手術3日後の受診

なんたってもう、拷問中の拷問ですわ・ ・ ・ 。

掻爬手術をしたのは、近所の産婦人科

ここは、日本でも指折りの出産数を誇る、右も左も前も後ろも斜めも妊婦、ニンプ、NIN-PU・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 

流産したうえ、この拷問は一体何の罰ゲームなのか。

いや、産婦人科を選んだ単なる自業自得ですが、こういうこと!こういうことを吐き出したかったんだよ!

 

・ ・ ・ ブログ立ち上げて良かった。

 

経過は順調ですが、今まで指摘されたことのなかった、子宮筋腫の存在を初めて言われました・ ・ ・ 。

自分には縁もゆかりもない、どこかか弱い素敵女子の持つものと思っていたのに・ ・ ・。

なぜこんな豚の化身のような私に筋腫が・ ・ ・ 。

大きさは16ミリ、子宮の外側なので問題ないとのこと。

 

さて、術後診察も終わった。

次はいよいよ、来週に受ける夫婦染色体検査だ。

転座があれば、KLCの門を叩くつもり。着前の審査が受けられると小耳に挟んだもんで。

転座がなければ、今のクリニックに凍結してある最後の卵を移植、ダメならいよいよ大きな賭けに出る。

 

関東から、大谷LCへの遠方通院。

 

転座があってもその事実に苦しみ、なくても終わりの見えない遠方治療や流産に怯えることになる。

 

いつまでいけるか。

 

 

割と詳しい治療記録

37歳夏、表参道の低~中刺激系クリニックにて治療開始。

ここでは、いつも一辺倒の治療方法しかありません。

 

最初の採卵まで2周期の調整期間。
D3~レトロゾール朝晩1錠5日間。
D12 様子見てフェリング注射。
D14くらい 採卵。
採卵日~14日間プラノバールでreset。

 

この繰り返しです。

そんなクリニックでの結果はこちら。

●採卵① 37歳11
 2個成熟卵
 →1個受精、1個多核受精3PN
 →1個3日目8分割→凍結

●採卵② 37歳12
 4個成熟卵
 →4個受精
 →2個胚盤胞(5日目4AB、6日目4BC)

★移植① 38歳1
 8分割凍結胚
 →陰性(hcg0.0)

●採卵③ 38歳1
 3個成熟卵、1個空胞
 →2個受精、1個受精せず
 →2個胚盤胞(5日目4AB、6日目4BC)

★移植② 38歳3 ※HR周期
 5日目胚盤胞4AB(AHA後6AB)

 →陽性(hcg44.9、出産までいく確率60%)
 →8w5d稽留流産(心拍確認後)

★移植③ 38歳8 ※HR周期
 5日目胚盤胞4AB(AHA後6AB)
 →陰性(hcg0.0)

★移植④ 38歳11 ※HR周期
 6日目胚盤胞4BC(AHA後6BC)
 →陰性(hcg0.0)

●採卵④ 38歳11
 2個成熟卵、1個GV→成熟
 →2個受精、1個顕微で受精せず
 →1個胚盤胞凍結(5日目4BB)、1個フラグ多く培養中止

★移植⑤ 39歳1 ※HR周期
 5日目胚盤胞4BB(AHA後6BB)
 →陰性(hcg0.0)

★移植⑥ 39歳3 ※HR周期
 6日目胚盤胞4BC(AHA後6BC)
 →化学流産(hcg4.2)

●採卵⑤ 39歳5
 2個成熟卵(ボコボコ&離れた透明帯のため、顕微)
 →顕微1個受精、1個変性で培養中止
 →桑実胚で停止。初の凍結ゼロ!

●採卵⑥ 39歳6
 2個成熟卵、3個GV
 →1個受精、1個受精せず、GV全滅
 →8分割で停止。2ヶ月連続凍結ゼロ!!

▲調整周期 39歳7
 漢方、盛り塩始める。← 

 プラノバール21日間で卵巣を休める。

●採卵⑦ 39歳8
 3個成熟卵 ※2個はサイズが揃う!
 精子濃度の関係で、2個ふりかけ、1個顕微
 →3個受精
 →5日目胚盤胞確認TEL
  ふりかけ1個 基準の180μmに達し新鮮胚移植OK、もう1個培養継続、
  顕微はフラグメント多く培養中止
 →後日凍結確認TEL
  ふりかけ1個6日目胚盤胞5BC(Ⅳ)現在凍結中

★移植⑦ 39歳8 ※OH周期
 5日目新鮮胚盤胞4BA(AHA後6BA)
 →BT7 陽性(hcg80.0、出産までいく確率78%)
 →7w2d 二度目の心拍確認後稽留流産
 →掻爬手術

※杉ウィメンズクリニックにて、夫婦染色体検査予定

 

自己紹介と簡単な治療履歴

はじめまして。たった今、名前をriyuに決めたところです。

 

1977年12月生まれの今年40歳。

神奈川県在住。

20歳~同じ会社で正社員しておりましたが、なんだかもう疲れたので、今年の4月より1年限りのパートタイマーになりました。

職種は研究アシスタント、職場は有機溶剤を扱う製品製造工場に付随した研究所です。

この度、二度目の心拍確認後流産したのを機に、治療ブログを立ち上げた次第です。

その他、日々のあれこれもひけらかしたいなと。

実は日々ブログを長年やっておったのですが、ふがいない治療の結果を知り合い等に晒すのが嫌になり、放置中です。。。

私を誰も知らない環境で、我が子に会えるその日までの記録を、こちらで始めることにしました。

↓以下、簡単な治療歴です。詳細なものは次の記事にアップします。

 

●33歳で結婚。右側卵管閉塞がわかる。

●35歳の夏から1年半、タイミング指導とAIHするも撃沈。

●37歳夏~表参道の低~中刺激系クリニックにて治療開始。IVF

●38歳、3月に初の妊娠、心拍確認後の8週5日で稽留流産

 新横浜の杉ウィメンズクリニックにて不育症検査を受けるも、

 念のためのバイアスピリンで良い程度の結果。

●39歳、2月に化学流産。

●39歳、8月末に二度目の妊娠、心拍確認後の7週2日で稽留流産

そして10月。

掻爬手術を3日に終え、パート復帰前の単なる暇人です。

高齢不妊治療での妊娠、有機溶剤を扱う職場ということもあり、先月陽性判定後から安定期まで休ませていただく予定でした。

今月末あたりから、あぶく銭を稼ぐために長距離出勤を再開する予定です・・・。