会いたい治療日記

40歳、心拍確認後流産2回からの不妊治療記録。ポンコツな日々のつぶやきも。

割と詳しい治療記録

37歳夏、表参道の低~中刺激系クリニックにて治療開始。

ここでは、いつも一辺倒の治療方法しかありません。

 

最初の採卵まで2周期の調整期間。
D3~レトロゾール朝晩1錠5日間。
D12 様子見てフェリング注射。
D14くらい 採卵。
採卵日~14日間プラノバールでreset。

 

この繰り返しです。

そんなクリニックでの結果はこちら。

●採卵① 37歳11
 2個成熟卵
 →1個受精、1個多核受精3PN
 →1個3日目8分割→凍結

●採卵② 37歳12
 4個成熟卵
 →4個受精
 →2個胚盤胞(5日目4AB、6日目4BC)

★移植① 38歳1
 8分割凍結胚
 →陰性(hcg0.0)

●採卵③ 38歳1
 3個成熟卵、1個空胞
 →2個受精、1個受精せず
 →2個胚盤胞(5日目4AB、6日目4BC)

★移植② 38歳3 ※HR周期
 5日目胚盤胞4AB(AHA後6AB)

 →陽性(hcg44.9、出産までいく確率60%)
 →8w5d稽留流産(心拍確認後)

★移植③ 38歳8 ※HR周期
 5日目胚盤胞4AB(AHA後6AB)
 →陰性(hcg0.0)

★移植④ 38歳11 ※HR周期
 6日目胚盤胞4BC(AHA後6BC)
 →陰性(hcg0.0)

●採卵④ 38歳11
 2個成熟卵、1個GV→成熟
 →2個受精、1個顕微で受精せず
 →1個胚盤胞凍結(5日目4BB)、1個フラグ多く培養中止

★移植⑤ 39歳1 ※HR周期
 5日目胚盤胞4BB(AHA後6BB)
 →陰性(hcg0.0)

★移植⑥ 39歳3 ※HR周期
 6日目胚盤胞4BC(AHA後6BC)
 →化学流産(hcg4.2)

●採卵⑤ 39歳5
 2個成熟卵(ボコボコ&離れた透明帯のため、顕微)
 →顕微1個受精、1個変性で培養中止
 →桑実胚で停止。初の凍結ゼロ!

●採卵⑥ 39歳6
 2個成熟卵、3個GV
 →1個受精、1個受精せず、GV全滅
 →8分割で停止。2ヶ月連続凍結ゼロ!!

▲調整周期 39歳7
 漢方、盛り塩始める。← 

 プラノバール21日間で卵巣を休める。

●採卵⑦ 39歳8
 3個成熟卵 ※2個はサイズが揃う!
 精子濃度の関係で、2個ふりかけ、1個顕微
 →3個受精
 →5日目胚盤胞確認TEL
  ふりかけ1個 基準の180μmに達し新鮮胚移植OK、もう1個培養継続、
  顕微はフラグメント多く培養中止
 →後日凍結確認TEL
  ふりかけ1個6日目胚盤胞5BC(Ⅳ)現在凍結中

★移植⑦ 39歳8 ※OH周期
 5日目新鮮胚盤胞4BA(AHA後6BA)
 →BT7 陽性(hcg80.0、出産までいく確率78%)
 →7w2d 二度目の心拍確認後稽留流産
 →掻爬手術

※杉ウィメンズクリニックにて、夫婦染色体検査予定