会いたい治療日記

40歳、心拍確認後流産2回からの不妊治療記録。ポンコツな日々のつぶやきも。

掻爬手術3日後の受診

なんたってもう、拷問中の拷問ですわ・ ・ ・ 。

掻爬手術をしたのは、近所の産婦人科

ここは、日本でも指折りの出産数を誇る、右も左も前も後ろも斜めも妊婦、ニンプ、NIN-PU・ ・ ・ ・ ・ ・ 

 

流産したうえ、この拷問は一体何の罰ゲームなのか。

いや、産婦人科を選んだ単なる自業自得ですが、こういうこと!こういうことを吐き出したかったんだよ!

 

・ ・ ・ ブログ立ち上げて良かった。

 

経過は順調ですが、今まで指摘されたことのなかった、子宮筋腫の存在を初めて言われました・ ・ ・ 。

自分には縁もゆかりもない、どこかか弱い素敵女子の持つものと思っていたのに・ ・ ・。

なぜこんな豚の化身のような私に筋腫が・ ・ ・ 。

大きさは16ミリ、子宮の外側なので問題ないとのこと。

 

さて、術後診察も終わった。

次はいよいよ、来週に受ける夫婦染色体検査だ。

転座があれば、KLCの門を叩くつもり。着前の審査が受けられると小耳に挟んだもんで。

転座がなければ、今のクリニックに凍結してある最後の卵を移植、ダメならいよいよ大きな賭けに出る。

 

関東から、大谷LCへの遠方通院。

 

転座があってもその事実に苦しみ、なくても終わりの見えない遠方治療や流産に怯えることになる。

 

いつまでいけるか。