会いたい治療日記

40歳、心拍確認後流産2回からの不妊治療記録。ポンコツな日々のつぶやきも。

コスパのクセがすごい!あばぐら

愛読するグルメブログがありまして。
いつもその垂涎のブログ記事を眺めながら、我の作った貧相な食事を食べるという意地汚い食生活を送っております。

そんなブログ記事で、ここはぜひとも訪れたいと思っていた店に行ってまいりました。

 

神田/あばぐら 

    

     f:id:riyu1977:20171015183729j:plain

 

メニュー。
こちらはすべてのお客が一つしかないコース料理をいただく、というスタイル。
隣のテーブルを見て、あーあれ頼みたい!と幅が広がるでもなければ、あーあれにすればよかった!と後悔することもない、明快なシステムでございます。

その中で好きだった料理を。
※こちらのコース、おいくら万円か想像しながらご覧ください。。。


 

f:id:riyu1977:20171014221821j:plain
f:id:riyu1977:20171014215554j:plain
里芋のすりながし/黒毛和牛うに巻き

里芋のうまみ濃縮、一発目で胃の動きが活発になりました。

黒毛和牛うに巻きは、幸せすぎて飲み込みたくなかった逸品。



f:id:riyu1977:20171014215608j:plain
f:id:riyu1977:20171014215638j:plain
トリュフパン/からすみ蓮根

トリュフバターの塗られたトーストが運ばれてくると、おもむろに上からトリュフを削り掛ける、三代目で歌ってそうなイケメン兄さん。
いつも私の選んだ店にあまり満足しない(バカ舌)旦那が、感動したを連発した料理。
速攻、楽天でトリュフバターを検索する夫婦。

からすみがこれでもかと掛かった蓮根。
ぜひからすみを全部召し上がってください、とおっしゃるスプーン付属とその一言の配慮もうれしいもんです。いやし夫婦なので最初からそのつもりでしたが・・・


 

f:id:riyu1977:20171014215622j:plain
f:id:riyu1977:20171014215657j:plain
日本酒・日高見/黒毛和牛A5ステーキ

和の料理が続いたので、日本酒を。鬼ラベルの日高見、とろみが強く甘みのある、またどこかで出会いたい鬼たちでした。

ステーキのちょっと手前で、フルボディの赤ワインにチェンジ。
私定番の注文方法は、「この店で一番重い赤ワインください。」 ← 腹立つわー
それくらい、樽の味がするヘビメタなやつが好きなんです。ライトボディを飲むと、
「・・・若い。」と一蹴。恥ずかしい人間ですね。酔ってるからかな。


f:id:riyu1977:20171014215713j:plain
f:id:riyu1977:20171014215729j:plain
豚玉/栗と抹茶の最中

メニューの料理、ほとんどが一口サイズですが、ちょこちょこいただきつつお酒も飲んでいると結構お腹が膨れてきます。が、まだまだいけるんです。おいしいので。
そこへきて締めの豚玉!ハーフサイズなのでこちらもペロリ。
隣の、折れそうな細さの若い女子二人組は、追加で焼きそば頼んでました。かなり惹かれたけど、豚夫妻は己の身体を顧みてググッと我慢。

デザート、これだけでいいお金取れそうなほど完成された物でした。
パリッパリの最中に上品な甘さの餡。みやげにこれとさっきのトリュフバターを包んでほしいですよ。


・・・さて。
どうでしょう。ハウマッチ?!



(妊検の結果風)


 これだけの品数、高級食材とこだわりの味で、

一人5400円

コスパすごい。

最後に、三代目で歌ってそうなシェフの兄さんに
「来月も来ます!!」
と完全に酔った勢いでのノリ発言を放って店を出ました。酒の力ってすごい。