会いたい治療日記

40歳、心拍確認後流産2回からの不妊治療記録。ポンコツな日々のつぶやきも。

D3 治療再開のCDL診察

 

流産後二回目の生理が来たので、D3の今日、CDLへ。

今回はD26でリセットになりました。こんな早かったことあったかな?

流産の影響か、更年期の到来か、わからないけどモヤる・ ・ ・ 。

 

最近受付システムが変わったらしく、診察券にバーコードシールが貼られました。

次回から、バーコードを受付の機械にピッとやるらしいです。

 

処置室で初めましての看護師さんに、夫婦染色体検査等の結果は持ってきたか聞かれ

えっ・ ・ ・ 口頭じゃダメなのけ?!と思ったら、次回持ってくるように言われました。

 

や ば み ☆

 

私は青ざめました。不育症の検査をやったのは去年流産した後。不育症否定派の先生

なので、みな内緒で受けていると聞いていたので当然報告もナシでここまできた・ ・ ・ 

しかし、不育症検査の結果にもしっかり日付は入っている・ ・ ・ ><

これはもう観念して、診察室で正直に去年やったことを吐かなければならねぇ・ ・ ・ 

 

診察室に入っていきなり、手術はいつ受けましたか?と聞かれました。

思わず、え、手術した日ですか???とおうむ返しです。

先生「普通は紹介状書いたら、郵送で手術した日が送られてくるんですけどね!」

そんなの知らんがな。でも思わず、すみません・ ・ ・ えーと・ ・ ・ と手帳を見る。

なんでうちが謝ってんだ?近所だから過去二回手術受けたけど、胎児の染色体検査も

受けられないし、次からは別のところで・ ・ ・ って次なんて考えたくねーよぉーーー

 

それから、流産後のホルモン値の経過と今日の内診結果の説明です。

hcgは0.9と下がっていて、卵胞は4個くらい測りましたが、流産の影響ですべてが

0.7~0.8と大きめ。でもすべて粒が揃っていたし、そんなに悪くはないんじゃ・ ・ ・ 

(単なる個人的見解)

 

で、まだ一個胚盤胞が残っているので、移植ということでよろしいですね?と言われ

いえ、ドミノでまた採卵したいのですが・ ・ ・ と言うと、毎度ながら驚いてる感じで、

こいつ話してるとアホなのに、実は会社役員とかで高給なのか?とか思われてるのかな

と妄想してみる。だって採卵、次で8回目だよ?2回ほど凍結までいかなかった時は、

2回で1回分くらいの料金だった気もするけど。

 

で、それで終わりそうになったので、えぇぇぇえ!ちょ、ま、夫婦染色体検査の結果

とかさ!気にならないの?!アンタの患者だよ!と慌てて結果報告。

染色体検査は異常なし、不育症に関しては、実は去年受けていて、凝固因子の項目が

グレーだったことを話し(当然今回バイアスピリンを飲んだことは内緒)、報告が

遅れてすみませんと謝りました!!!

グレーというか、ギリギリアウトと言われたのですが、杉先生も一応飲んどく?と

いう程度だったし、正直に言ったら、じゃ薬飲んだの?って話になるじゃないか。。

 

そしたら・ ・ ・ 

去年受けて黙っていたことは特になにもお咎めナシだったのですが、次回移植後に

バイアスピリンを飲むことに関しては、

 

「ウチではやりません!!

 異常がないのに、もし飲んで出血が止まらなくて流産したら、そんなバカらしいこと

 はない!!

 もしやるなら、そういうのをやってる病院でやってください!(ビシッ!!!)」

 

異常がないのに、との言葉に思わず、

「あのー、グレーって言われたんですけど・ ・ ・ 」

と口答えすると、

「グレーはグレーであって黒ではない!!」

と返ってきました。なんなんすかね?(笑)

・ ・ ・ そもそも薬飲んじゃダメなら、なぜ不育症検査勧めた?あー、異常あれば転院を

勧めるためか・ ・ ・ 。

久々だったので、処置室で初期から知っている看護師さんといろいろ話し込んで、

今日から朝晩1錠ずつのレトロゾールを5日分もらって、CDLを後に。

 

そんなこんなの先生とのやりとりがあって、最近痛かった胃がさらに痛くなり、帰りに

胃腸科寄って、逆流性食道炎の薬をもらって帰りましたよ・ ・ ・ 。

 

しかし今日はあったかかったですな。

まさか12月も近いこの時期に、noタイツでバレエシューズが履けるとは・ ・ ・ 

   
    f:id:riyu1977:20171129155852j:image