会いたい治療日記

40歳、心拍確認後流産2回からの不妊治療記録。ポンコツな日々のつぶやきも。

夫婦共倒れ

 

1月末

旦那が、なんか寒気がすると言って体温を測ると、7度2分。

まー、インフル注射も打ってるし、ただの風邪じゃねぇ?

 

1月31日

嫁、昨日から咳が出始め、なんかだるくてあまり眠れず。体温を測ると、6度8分。

まー、インフル注射も打ってるし、ただの風邪じゃねぇ?

でも咳止めたいし、午前中病院に行ってくるか。。

結果、咳からくる熱もない症状はインフルではないと断言される。

 

午後。みるみる熱が上がり、夕方には38度に。あー、やったなこれは。

再び病院に行き、インフル検査。

はい、B型インフル確定!

注射するようになってから、一度もインフル知らずの冬を過ごしていたので、注射してもなるとは聞いていたけど、自分は大丈夫と思っていたよ・ ・ ・ 。

そして久々の38度は思いの外キツくて、旦那にうめきラインを送りまくってた。

 

会社から帰ってきた旦那が、

「おいおいなんだよ大丈夫かよ~(笑)。じゃあ俺もちょっと測ってみるかな?」

そう言って気楽に測った体温が、私より高い衝撃の38度6分。

さっきまでピンピンしていた旦那は、一気に具合が悪くなりソファに倒れ込みました。

鈍感すぎるのか、脳の機能がぶっ壊れているのか。やだこの人怖い。

 

こうして、夫婦共倒れとなりました。

ごはんなどの家事は、その都度体温を測って低い方がやる、というサバイバルな制度にしました。

 

・・・そんなわけで、1ヶ月ぶりの歯医者の予約もキャンセル。

そしてD13のCDL診察と、プラノ+バファリンもキャンセル。

今は調整周期2周期目なので、再び1周期目からやり直し=2ヶ月のロスを覚悟して震えながら電話したところ、

「個人の体調のことなので今は何とも言えない。とりあえずインフルが治ったら電話ください。」

とのこと。

問答無用で、次はD3!調整は続けてやらないと意味がないので最初からやり直し!!

とかになると思い込んでいたので、ちょっとホッとしました。

 

ただ私としては、もうこの際やり直してもいいのかな?という思いもありました。

今月体調不良で、来月採卵というのも微妙っちゃ微妙だなと。

それに、3月までの今の職場を辞めてすっきりするし、歯も完全に治せる。

最近飲めてなかった漢方もちゃんと飲める。

漢方、CDLでは勧めてないみたいですが、私はこれで前回新鮮胚盤胞移植できたと思います。だって、その前2回とも凍結すらできなかったのに、いきなり新鮮胚盤胞ですよ?!まぁ結局は流産しましたがね。あ?結局なにしても卵の老化?もうダメですか?

 

ごちゃごちゃ言うてますが、とりあえず近況報告でした。

治ってからの末ちゃんの方針を、どうぞお楽しみに☆